HOME > 治療について > 免疫細胞療法とは > CD3-活性化自己リンパ球療法(CAT療法)

CD3-活性化自己リンパ球療法(CAT療法)

がん細胞やウイルスなどの異物を排除する免疫反応で中心的な役割を担っているTリンパ球を培養・増殖させ体内に戻す治療法です。NK細胞とは攻撃対象が異なり、補完的に作用していると考えられます。がん細胞に対する殺傷能力を更に高く活性化させる事で、がんの縮小効果を上げ再発や転移を抑える事を目的とします。

治療の流れ

CAT療法の流れ

ページの先頭へ

お問い合わせ・ご相談について

無料相談受け付け中です 治療開始までの流れ お問い合わせ・無料相談

ページの先頭へ