HOME > 治療について > 免疫細胞療法とは > 腫瘍浸潤Tリンパ球療法(TIL療法)

腫瘍浸潤Tリンパ球療法(TIL療法)

がん性の胸水や腹水がたまっている方は、その貯留液の中に、体内のがん組織を異物として認識している特異性の高いリンパ球が存在しています。この特異性の高いリンパ球を培養・増殖させ、再び胸腔内/腹腔内に戻す事により、貯留液のコントロールを目的とします。

治療の流れ

TIL療法の流れ

ページの先頭へ

お問い合わせ・ご相談について

無料相談受け付け中です 治療開始までの流れ お問い合わせ・無料相談

ページの先頭へ