HOME > 治療について > 免疫細胞療法とは

免疫細胞療法とは

患者さんが求めるがん治療を考えて

免疫細胞療法とは人間に本来備わっている自然治癒力と最新のバイオテクノロジーを融合させた細胞再生医療です

現在、がんに対する三大治療法(手術療法、化学療法、放射線療法)は、がん細胞を切除・殺傷するとともに正常な臓器や細胞も障害する恐れがあり、副作用によって治療を続けることが困難な患者さんもいます。近年は、患者さんの生活の質(QOL)への関心も高まってきており、QOLを保ちながら行う『新しいがん治療』が期待されています。

今『がん免疫治療』は、すべての治療の土台となる治療法として注目されています。

手術療法や化学療法、放射線療法が直接がん細胞を抑えるのに対し、がん免疫治療は、人間が本来備わっている異物(ウイルス、細菌、がん細胞など)を体内から排除しようとする力(免疫力)を高めて、がん細胞を抑える副作用の少ない治療法です。
当クリニックでは、患者さんの生活の質(QOL)を保ちながら病状に合わせたがん免疫治療をオーダーメイドで受けていただけるよう努めております。

当クリニックは、最先端の医療技術による高品質ながん免疫治療を行うために、細胞再生医療研究所を併設しております。

当クリニックが考える集学的がん治療

完璧ながん治療というものは、現在確立されておりません。
そこで…

  1. 身体に負担の少ない「低侵襲」で
  2. 効果的な治療を組み合わせた「集学的」で
  3. 患者さんご自身の意志決定のもと、状態に合わせた「オーダーメイド」

のがん治療が理想的な治療方法と考えております。

免疫細胞療法の種類

  • WT1ペプチベータによる樹状細胞療法
  • 樹状細胞療法(DC療法)
  • 腫瘍浸潤Tリンパ球療法(TIL療法)
  • 高活性化NK細胞療法(NK療法)
  • CD3-活性化自己リンパ球療法(CAT療法)

ページの先頭へ

お問い合わせ・ご相談について

無料相談受け付け中です 治療開始までの流れ お問い合わせ・無料相談

ページの先頭へ